ガンの再発や遠隔転移を防止し、勝ちに行く!元乳がん患者がつづる癌細胞の倒し方!

 

ガンと戦う方法

  食事療法
 ガンと戦うために食事療法は欠かせません。
ゲルソン療法や星野式ゲルソン療法を無理なくアレンジをしました。
最初は味気ないですが、慣れてくれば美味しいです。

免疫力をあげて、体温を高くすることから始まります。
ガンになる前に食べていた物とは決別する必要があります。
ガンに栄養を与えない食べ物を取ることが大切です。
食事療法の基本

適量の野菜ジュースの摂取
  
①ニンジンジュースや青汁、野菜ジュースなどを多く飲むようにする
②塩分の無い無塩食にする
③脂肪、動物性たんぱく質の食物を取らない
④アルコール、タバコ、カフェイン、精製された砂糖や粉類、添加物、農薬を取らない
⑤芋類、未精白の穀類、豆類、新鮮な野菜、海藻や果物を中心とした食事

 癌に栄養を与えない食べ物とガンを元気にする食べ物

 癌に栄養を与えない食べ物 癌に栄養を与える食べ物 
食材  食材

野菜
わかめ・のり・ひじきなど海藻類
豆腐・納豆・小麦など豆類
麩などの小麦グルテン
クルミ・落花生などのナッツ類
果物
玄米・全粒粉・そばなどの精製されていない穀類



乳製品
白米・小麦など精製した穀類
化学薬品や調味料
 調味料  調味料
 
玄米黒酢・バルサミコ酢などの酢
加工していない黒糖・蜂蜜
しそ油・エゴマ油・亜麻仁油
生姜・にんにく・わさび・からし
ゆず・レモンなど柑橘類
ハーブ類
ゴマ
シイタケ・コンブ
 塩・醤油・味噌
白砂糖
菜種油・ごま油
酒・みりん
コショウ
かつお節・煮干し
 飲料  飲料
 麦茶
ハープティー
100%野菜・果物ジュース
カフェインの入っていないお茶
そば湯
 カフェインのある飲み物
アルコール
糖分のあるジュース
 
 ・主食
1.黒米やマメ入りの玄米(炊き方にポイント有)
2.玄米もち(きなこやゴマ、黒砂糖やのり)
3.ざるそば(酢やねぎ・わさび・のりなどの薬味で)
4.全粒粉パスタ
5.全粒粉パン
 ・焼き物(オリーブオイルを少量使うだけで油無しで)
1.野菜焼き・キノコ焼き・豆腐焼き(ニンニクやレモンや生姜)
2.キノコホイル焼き(マイタケ・しめじ・えりんぎ・しいたけ・いぐち類 生姜やコンブダシで)
3.豆腐あんかけ(ねぎ・いんげん・ニンジン・しめじ)
4.切り干し大根のそば粉焼き(わさび・コンブダシ・しそ油)
5.温野菜
・煮物
1.サトイモ・レンコン・ニンジン・ごぼう(酢、黒砂糖、コンブで)
2.大根の葉・タケノコ・高野豆腐(酢、黒砂糖、昆布で)
 ・シチューやグラタン
1.トマト・玉ねぎ・ジャガイモ・ニンジン・キノコのトマトシチュー(ハーブ、トマト缶やトマトジュースで)
2.ホウレンソウ・ブロッコリージャガイモのグラタン風(豆腐ペースト、クルミ)
 ・鍋物
1.野菜、キノコ、豆腐の鍋(コンブ、ゆず、酢などで)
2.湯豆腐(昆布、生姜、ねき、酢で)
 ・おひたしや酢の物(塩もみなしで
1.青菜やインゲンマメのあえ物(ごま、ぴーなっつ、黒砂糖)
2.トマト・きゅうり・若芽の酢の物(玄米酢、黒砂糖、蜂蜜)
3.ニンジン・大根・きゅうりの千切り野菜酢の物(玄米酢、黒砂糖、蜂蜜)
 ・サラダ(温野菜は、塩を使わずに蒸す)
1.野菜とキノコのサラダ(ドレッシングはバルサミコ酢や亜麻仁油で)
2.モズクやめかぶやところてん(生姜、酢、黒砂糖で)
3.刺身こんにゃくのカルパッチョ風、水菜・ブロッコリー赤ピーマンなど
 ・スープなど汁物
1.明日葉の薬膳風スープ
2.野菜やわかめ、しいたけなどのスープ
 ・デザート
1.焼きいも・砂糖やバターを使わないスイートポテト
2.くずもち
3.苺などの果物
4.そば粉で作るクレープ
 
 

生活習慣の改善

①夜は23時から深夜2時の間は、身体を回復する時間なので、22時には眠りにつくようにします。

②運動をすることは、身体が疲れを癒そうとする修復機能を高めることが出来ます。
 適度な運動を行うようにしてください。
 抗がん剤の副作用で毛髪が抜けますが、
家の中に閉じ困らないようにすることも大切です

③ストレスなどを貯めこまないようにしてください。
 ガンになってしまったり、脱毛や副作用が強くても、
常に前向きに!ポジティブに!

④環境ホルモンや発がん性物質などの化学物質は極力避けるように。


 
 
 
 
 
 
 
inserted by FC2 system