ガンの再発や遠隔転移を防止し、勝ちに行く!元乳がん患者がつづる癌細胞の倒し方!

再発や転移を防止する「控えの七ヶ条」

・一日の塩分摂取量を控える
・肉が中心の食生活を控える
・油(脂)ぽい食事を控える
・コレステロールの高い食材を控える
・タバコやアルコールを控える
・添加物や農薬、化学調味料を控える
・精製された砂糖や小麦を控える
 
 
これが、再発や転移を防止するために重要な「控える七ヶ条」です。 
 

再発や転移を防止する「摂ろうの七ヶ条」

・野菜を多く摂ろう
・抗酸化作用の強い食品を摂ろう
・野菜ジュースやスムージーを摂ろう
・無農薬、無添加物の食品を摂ろう
・抵抗力が強くなる食品を摂ろう
・基礎体温が高くなる食品を摂ろう
・主食に玄米を摂ろう
 
 
 これが、再発や転移を防止するために重要な「摂ろうの七ヶ条」です。
 
ここに書いたことは、至ってあたりまえの事です。
脂や塩分、お肉の取りすぎは体に良くありません。
農薬や化学調味料、添加物は体に良くありません。


そして
野菜は体に良い。
抗酸化作用の強い食事は大事。
有機栽培は大事。
野菜はジュースなどにしてできる限り生で。
抵抗力を高めるためにも基礎体温は高く
 
これも言わずと知れた当然の常識です。
それを実践するための方法を書いていきます。
 
 
 
一番大事な事は最初からガンにならない健康体を作る事です。
ガンを予防することが最も効果的です。
このサイトに書いてある事はもちろん予防にも応用できます

 初発のガンで、手術をすることが出来る場合、リンパ節への転移、血管を侵襲していても、病期3までなら完治を目指すことが出来ます。ガンを治すことを目的として治療をできます。

そのために重要な事は、食生活を変えることです。

特殊な仕事や環境の人以外は、今まで食べていたものでガンになったと考えます。
特に欧米化が進み、朝食がパンばかりになっている女性の乳癌発症率は年々高くなっています。
乳癌で怖いのは、20代や30代でも多く発生しているという事です。
自覚症状がなくセルフチェックをしていてもしこりが見つかるのはおおよそ2cmの大きさです。
非浸潤ガンなら予後はかなり明るいです。

ガンは治すことができる病気です!
 
 
 

星野式ゲルソン療法や、多くの世界で知られているガンに勝つための方法

一日に3回程飲むニンジンジュースや野菜ジュース、スムージー

これを飲み続ける事で抗酸化作用を高くし、人間のもっている免疫力を高めることが出来ます。
平熱を36度8分くらいまで上がるように心がけましょう。 
抗がん剤の副作用も楽になることがあります。
抗がん剤で口内炎がひどくなって、食事ができない場合でも飲むことはできます。

ガンに勝つために飲む野菜ジュース・スムージーの作り方は、下記の「ガン予防と再発や転移を防ぐ野菜ジュースとスムージーでレシピなど解説します。

 
 
 
食事療法をやっていく上で重要になってくるのが、白米・うどん・パン等の精製された穀物を取らないようにします

パンなどに多く入っているバターや塩分、乳化剤や小麦粉はガンに栄養分を与えてしまいます
食べるものによって、ガンを育てるか、ガンの栄養を断つことが出来ます
癌細胞は非常に飢えに弱い細胞です。

乳がんの場合は女性ホルモンをエサにもしていますが、ガンの多くはブドウ糖を栄養源として増殖をし成長をして行きます。
そのブドウ糖を断つことがガンを倒すカギです。
 日本人の主食だった白米を玄米に変える事で多くのミネラルや栄養素を摂取できます。

玄米を精白したのが白米

玄米は、籾米(もみごめ)から籾殻(もみがら)だけを取り除いたお米です。玄米からさらに糠(ぬか)と胚芽(はいが)を取り除き、胚乳(はいにゅう)のみにしたお米が白米になります。玄米、三分つき米、五分つき米、七分つき米、胚芽米、白米の順に精白度合いが大きくなりますが、精白がすすむにつれてビタミンやミネラル、食物繊維などの体に良い成分が失われてしまいます。お米を玄米のまま食べることで、栄養バランスの優れた健康的な食事ができます。

玄米の食物繊維は白米の8倍

玄米が白米ともっとも異なるのが食物繊維の量です。玄米は、白米と比べると約8倍もの食物繊維を含んでいます。食物繊維は、便秘を解消すると同時に、体内の余分なコレステロールや糖分、発ガン物質などの有害物質を排出してくれます。そのため、癌や生活習慣病の予防、またダイエットにも効果的です。ただし、玄米は白米よりも消化に時間がかかりますので、よく噛んで食べる必要があります。

 
 ガンから生還した人の多くは玄米菜食です!!
玄米は選び方、炊き方によって毒にも良薬にもなります
詳しくは「知る人の少ない玄米の毒にならない正しい炊き方と選び方」
で、解説をします。


 
 
 沢山のフルーツや野菜を食べる事が大切です。
今まで、肉や魚、油っこいものを中心としてきた食事を辞めなければなりません。
ケーキなどの甘い物も控える必要があります。
おなかが減ったら野菜を食べてください。
 野菜でガンやガンの転移や再発を阻止する強い力のある野菜とフルーツ一覧
1位ニンニク
とても栄養価がたかく、多くの抗酸化物質を含んでいてガンを抑えるのに効果的です。

2位しいたけ・まいたけなどの菌類
しいたけは抗がん剤としても使われているほどの力を秘めています。まいたけも同等の力を持っています。

3位ニンジン
ニンジンにはビタミンBやβカロチンなどたくさんの栄養が含まれています。

4位小松菜
ブロッコリー・アスパラ・キャベツ・根菜類・ホウレンソウ・ピーマン・しそ・明日葉・モロヘイヤ・トマト

等、書ききれないほどあります。

大事な事は、野菜類は火を通してしまうと、栄養素が壊れてしまう事です。
できるかぎり生で食べるようにし、茹でなければ食べられないものは、
茹でるのではなく、蒸して食べるようにしてください。
茹でると栄養素が抜けてしまいます。
蒸したあと、下に貯まっている蒸汁もお味噌汁などにダシとして使えます。
捨てないでください!
 詳しくは下記の「正しい野菜の選び方」で解説します。
 
 温野菜やニンジンジュースを作るという事は、とても手間のかかることです。
一人で闘病生活している方にとっては抗がん剤後の倦怠感では
作るのが大変な場合があります。
そんなときにサプリや栄養補助剤などの食品を活用することができます。
どんな種類の物が良いかを下記の「サプリ・栄養補助剤・食品」
で、解説をして行きます。
 
 
 
 
 

rinkumoto.htmlへのリンク

inserted by FC2 system